アコムの借り方(即日融資はネット申し込みを併用する)

こんな方にアコムはピッタリ

急にお金が必要になった

アコムでは、急ぎの融資にきっちりと対応できる方法があります。
ネットで申し込み後、来店あり、またはなしでもすぐに借りられます。

 

いつでもお金を借りられるようにしておきたい

アコムでは入会金や年会費はかかりません。アコムカードで、またはネットなどから振り込みキャッシングでも借りられます。

 

手間なくネットで借りられるようにしたい

申し込み・契約(書類の提出)・借り入れ・返済すべてネットでできます。
ネット申し込みは24時間受け付けています。借りたい時にすぐに申し込みOK

 

アコムの詳細と審査の申込はコチラ↓

 

大手消費者金融の中でも最大手のプロミスに比べると一歩引けをとるというイメージがある三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムですが、他社とは違ったメリットがあるのでしょうか?

 

担保不要で利用目的も自由なアコムのカードローン

利用限度額の範囲を自由に利用できるアコムのカードローンは資金使途は問われていません。
旅行やレジャー資金にも、家具家電の購入資金でも自由に活用ができます。

 

金利 3.0%〜18.0%
融資限度額 1万円〜800万円
審査時間 最短30分
返済方式 定率リボルビング方式
担保保証人 不要

 

融資限度額は審査に応じて決まり、同じく金利も審査によって決定します。そのため事前に金利を知ることはできませんが、多くの場合上限金利が適用されています。上限金利が適用されるものと考えて計画を立てると安心でしょう。そこで気になるのは金利の高さです。

 

  • 銀行カードローンの一般的な上限金利・・・14.5%前後
  • 中小消費者金融の上限金利・・・20.0%
  • 大手消費者金融の上限金利・・・18.0%

 

銀行カードローンの金利と比べると高くなっているのは事実です。借り入れる金額、返済に掛かる期間を考えてキャッシング先を選ぶことが重要です。

 

アコムは大型融資を希望する方のものではなく、「少額キャッシングを短期間で返済ができる方に向けたカードローン」です。

 

金利の違いは、手数料として支払う利息の違いです。しかし、利息は金利だけで決まるのではなく利用する日数(完済までの期間)が重要になります。

 

利息=借入残高×金利÷年間日数×利用日数

 

銀行カードローンの上限金利で借りた場合と、アコムで借りた場合にはどれほど支払う利息に差が出てくるのかをシミュレーションしてみましょう。

 

10万円を借りた場合(3回で完済)
  銀行カードローンの14.5% アコムの18.0%
毎月の返済額 34,142円 34,338円
返済総額 102,425円 103,014円
利息総額 2,425円 3,014円
利息の差 589円

 

10万円を借りた場合(10回で完済)
  銀行カードローンの14.5% アコムの18.0%
毎月の返済額 10,676円 10,843円
返済総額 106,760円 108,429円
利息総額 6,760円 8,429円
利息の差 1,699円

 

3回で完済した場合には589円の違い、10回で完済しても1669円の違いです。問題にしなければならない利息の差というほどではありません。アコムは少額のキャッシングを短期間で返済するには利息の負担を抑えた利用ができます。

 

アコムの詳細と審査の申込はコチラ↓

 

豊富な申し込み方法から自分にあった選択を!

申し込み方法は非常に充実しています。インターネットを使ったパソコン、スマホ、ケータイからの申し込み、来店となるのは店頭窓口とむじんくん、そして電話と郵送です。

 

方法 営業時間 審査対応時間
パソコン 24時間受付 9時〜21時
スマートフォン
ケータイ
むじんくん 8時〜22時 (2015年9月時点。店舗によって異なるため公式ホームページから確認が必要)
店頭窓口 平日9時30分〜18時(一部店舗は時間延長)
電話 9時〜18時
郵送 無休

 

電話申し込みは、電話で申し込みをした後に郵送で契約書類やカードのやり取りをするか、むじんくんに向かうのかという選択になるため、「インターネットがうまく使えない方」に向いている方法です。

 

インターネットから申し込みをすると契約手続きのお願いメールが届きます。このメールが届いた日の22時までに手続きをすることになっており、それ以降になった場合には契約手続きのお願いメールからの手続きができません。

 

ネット上で完結させたい場合には再度アコムからメールを送信してもらう必要があります。

 

アコムの詳細と審査の申込はコチラ↓

 

アコムで即日融資を希望するなら!

審査時間が限られているため、即日融資となればチェックしなければならない項目がいくつか出てきますので確認をしましょう!申し込み方法によって営業時間が異なりますが、即日融資で気にかけなくてはならないのは「審査対応時間」です。

 

例えばインターネット申し込みは24時間受付をしているものの、審査対応時間は9時〜21時となっているために、即日融資を希望するときには審査対応時間内であることを確認しなくてはなりません。

 

即日融資にはインターネット申し込みは欠かせません。なぜなら理由は3つあります。

 

  1. 審査時間が最短30分と短い
  2. 審査待ち時間を有効に使える
  3. 審査結果可決とわかってから行動がとれる

 

店頭窓口や自動契約機で申し込みから行うと審査の待ち時間が無駄になります。特に即日融資を希望するときにこそインターネット申し込みを活用して無駄のない時間の使い方をしなくてはなりません。

 

アコムでは即日融資を振り込みキャッシングにする場合、平日の14時までに必要書類を提出することが条件になります。

 

そのため時間によってはインターネット申し込み後の契約方法が異なることを確認しましょう。

 

 

契約方法

借り入れ方法

   

平日14時前

インターネット 振り込みキャッシング 通常銀行口座 平日9時〜14時30分
三菱東京UFJ銀行 平日18時まで
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
楽天銀行 24時間対応

平日14時以降、土日祝日

むじんくん ATM 8時〜22時(店舗によって延長あり)
店頭窓口 平日9時30分〜18時

 

平日14時までに必要書類の提出ができれば、そのままインターネットで契約をしても十分に即日融資に間に合うでしょう。それ以外の時間であれば、むじんくんや店頭窓口に移動する必要があります。

 

アコムの特別なポイント

初めての振込みキャッシングは一部口座に限り時間を延長して対応しています。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

この3つの銀行口座を振り込みキャッシングの受け取り口座に指定した場合に限り、平日18時まで振り込みキャッシング受付時間が延長されます。

 

申し込み手続きに関連するアコムからのメール連絡は受信できるようになっているかチェックしておきましょう。

ドメイン:online-a.com
アドレス:acmail@online-a.com

 

アコムの詳細と審査の申込はコチラ↓

 

自宅や勤務先に申し込みの確認連絡が来る?

いわゆる在籍確認と呼ばれるもの。申込書に入力した勤務先電話番号にアコムから在籍を確認するための審査の一つです。アコムから勤務先に電話が掛かってくるということに不安を感じる方は少なくありません。

 

安心ポイントが2つあります。

  1. 担当者が個人名で連絡をする
  2. 在籍確認の電話時間の希望を聞いてもらえる

 

消費者金融であること、もちろんアコムであるということも電話口で伝えることはありません。アコムの審査担当者が個人名を使って電話をしています。

 

また在籍確認の電話を避けたいというのは多くの方が考えること。そのため時間の希望を伝えることで対応をしてもらえ生ますので自分にとって不都合な時間を避けることができます。

 

アコムは在籍確認なしで契約をすることはできません。必須事項です。しかし即日融資を希望する場合には在籍確認が当日中にできないことはあります。(勤務先が休業日などの理由)

 

 

アコムに確認したところ、そのような場合には融資限度額の一部を先に融資するのは可能とのこと。在籍確認は必須となるので、一部融資後に在籍確認は行われるとのことです。


 

アコムの詳細と審査の申込はコチラ↓

 

30日間無利息は「最大」という条件付

無利息期間があるアコムですが、実は最大30日間無利息となっています。どのような無利息期間になるのかを確認してみましょう!

 

期間 最大30日間
条件 初めてアコムを利用すること
35日ごとの返済を選択すること
適用開始 契約翌日

 

適用開始が契約翌日からとなっているため、あらかじめ契約をしておき実際に必要になったときに借り入れをするという方法では、いざ利用をしたときには無利息期間が終わっていたということになりかねません。

 

アコムの無利息期間は即日融資を希望するときに活用ができるサービスとなっています。

 

35日ごとの返済とは?

無利息期間適用の条件になっている「35日ごとの返済」は珍しい返済システムです。返済日は毎月払いと35日ごとの返済から選択できますが非常に便利に活用ができます。

 

毎月払いは一般的な返済日、つまり月に一度、決められた返済日までに返済するもの。35日ごとの返済は「返済日の翌日から35日後が次回の返済期限」となります。

 

ポイントとなるのは2点

  • 返済までのサイクルが最大35日
  • いつでも返済ができる

 

実は毎月払いの場合、返済日から15日以上前に入金をすると前月の追加入金としての扱いになります。そのため同じ月にもう一度返済日があることになります。

 

毎月払いの返済だと・・・

 

毎月の返済

 

25日が約定返済日だとすると11日〜25日までが当月分の返済となります。それ以前に入金をした分は前月の追加返済として扱われるため、新たに25日までにはまた返済をしなくてはなりません。

 

35日ごとの返済だと・・・

 

35日ごとの返済

 

1日に返済をすると、35日目となる翌月4日が次回返済期日となります。その間にいつ返済をしてもかまいません。次は返済をした日からまた35日目が返済期日となります。

 

いつ返済をしても前月返済とはならずに「現在の返済」として扱われるため気にすることなく自由に返済ができます。

 

申し込みに必要な書類は?

大手消費者金融はアコムも含めて申し込みに関する準備が少なくてすむというメリットがあります。基本的には運転免許証があれば申し込みができますが、詳しく確認しましょう。

 

本人確認書類

基本は「運転免許証」です。交付を受けていない場合には、「個人番号カード」や「保険証」が必要になります。

 

ただし、顔写真がない本人確認書類の場合にはそのほかに現住所が記載された以下の書類が1点必要です。

  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)※携帯電話の領収書は不可
  • 「納税証明書」

 

収入証明書類

以下に該当する場合には収入証明書類が必要になります。

  • アコムの利用が50万円を超える契約になる方
  • 他社を含めた借り入れ総額が100万円を超える方
  • すでに提出をした収入証明書類が3年以上経過している場合

 

貸金業法に基づいて定められています。アコムを利用していてすでに収入証明書類を提出している場合でも3年が経過した時点で改めて提出が必要です。

 

収入証明書類は以下の中から1点が必要になります。

  • 源泉徴収票・・・勤務先から交付される収入証明書類
  • 給与明細書直近1か月分・・・勤務先から交付される給与明細書
  • 市民税、県民税額決定通知書・・・市区町村役場から交付される収入証明書類の最新のもの
  • 所得証明書類・・・市区町村役場または税務署で取得できる最新年度の収入証明書類

 

給与明細書には以下の4点すべてが明記されている必要があります。手書きの給与明細書の場合には勤務先の社判か社印が必要です。

  • 本人の氏名
  • 発行年月日
  • 勤務先名
  • 月収

 

収入証明の提出方法は5つあります。

  1. カメラアプリをダウンロードしてカメラで撮影して送信
  2. 会員ログインページから書類をアップロードして提出
  3. 店頭、むじんくんコーナーに持参して提出
  4. faxで送信して提出
  5. 店頭窓口かむじんくんにある専用封筒にコピーした書類を同封して郵送

 

マイナンバーや本籍地が記載されている場合には使用しませんので塗りつぶすなどして提出します。

 

アコムの詳細と審査の申込はコチラ↓

 

借り入れや返済方法は豊富にある

借り入れや返済の方法は多くそろっていますが、無駄な費用を使わないために手数料無料の方法を利用しましょう。

 

借り入れ方法

振込キャッシング 平日9時〜14時30分 無料
ゆうちょ銀行平日9時〜14時
楽天銀行は24時間対応
店頭窓口 平日9時30分〜18時
アコムATM 24時間営業
提携ATM 三菱東京UFJ銀行 1万円以下108円、1万円超216円
セブン銀行
イーネット
ゼロバンク
ローソンATM
イオン銀行
三井住友銀行
熊本銀行
八十二銀行
親和銀行
広島銀行
第三銀行
福岡銀行
東京スター銀行
北海道銀行
西日本シティ銀行
北陸銀行
クレディセゾン

 

返済方法

インターネット返済 24時間対応 無料

口座振替

 

銀行振込

銀行規定の振り込み手数料
店頭窓口 平日9時30分〜18時 無料
アコムATM 24時間営業
提携ATM 三菱東京UFJ銀行

1万円以下108円、1万円超216円

 

セブン銀行
イーネット
ゼロバンク
ローソンATM
イオン銀行
三井住友銀行
熊本銀行
親和銀行
広島銀行
第三銀行
福岡銀行
東京スター銀行
北海道銀行
西日本シティ銀行
北陸銀行
クレディセゾン

 

アコムの詳細と審査の申込はコチラ↓

 

アコムを利用するなら楽天銀行口座を!

振り込みキャッシングは非常に便利なサービスです。自分の指定した銀行口座に借入金額を振込みによって受け取ることができます。もちろん手数料無料です。

 

振り込みキャッシングは銀行営業時間内でなければ行えないため、時間は平日の14時または14時30分までと限られていますが、楽天銀行であれば24時間利用ができ、なおかつ最短1分で振り込みが実施されます。

 

金融機関

曜日

受付時間

振込実施の目安

楽天銀行 月曜 〜 日曜・祝日 0:10 〜 23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃
銀行・信用金庫 月曜〜 金曜 0:10〜 9:00 当日 9:30頃
9:00〜 14:30 受付完了から1分程度
14:30〜 23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10〜 23:50 翌営業日 9:30頃

 

振り込み名義は「ACサービスセンター」です。

 

振り込みキャッシングを利用するときにはあらかじめ会員ページから書面の受け取り方法を「アコムホームページで確認」にしておきましょう。受け取り方法が郵送になっていると、利用明細書は自宅住所宛に送付されます。

 

振り込みキャッシングは会員ページから手続きが行えますが、他にも電話からの申し込みができます。電話は音声自動応答のアコムプッシュホンサービスと担当者と繋がる担当者受付があります。

 

ただし、電話の場合には楽天銀行であっても24時間対応ではなくなるため会員ページから行うことをオススメします。

 

アコムプッシュホンサービスからの振り込みキャッシング手続き

曜日 受付時間 振込実施の目安
平日 0:10〜9:00 当日 9:30頃
9:00〜14:00 当日 15:00まで
14:00〜23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝 0:10〜23:50 翌営業日 9:30頃

 

担当者受付からの振り込みキャッシング手続き

曜日 受付時間 振込実施の目安
平日 9:00〜14:00 当日 15:00まで
14:00〜18:00 翌営業日 9:30頃
土・日・祝 9:00〜18:00 翌営業日 9:30頃

 

また、楽天銀行口座は24時間手数料無料のインターネット返済にも対応しています。借りやすく、返済しやすい楽天銀行口座はアコムを利用するときには便利に活用ができます。利用できる時間、自分にとって便利な方法など複数の利用の仕方を併用しながら無駄のないキャッシングをしましょう。

 

返済額は自分でコントロールする!

アコムでの最低返済額は決められています。

 

「借り入れ金額×一定の割合=各回の返済金額(千円単位)」

 

この一定の割合は契約極度額に応じて決まっています。

  • 契約極度額30万円以下の場合・・・借入金額の4.2%以上
  • 契約極度額30万円超の場合・・・借入金額の3.0%以上

 

一定の割合が4.2%の場合、10万円の借り入れなら各回の最低返済額は5,000円。
一定の割合が3.0%の場合、10万円の借り入れなら各回の最低返済額は3,000円。

 

10万円を借りて返済額を5,000円のままにすると返済回数は24回にまでなり、2年もかかってしまいます。利息も19,772円となり、10万円の借り入れに対しておよそ2万円の利息です。

回数

返済金額

元金

利息

残高

1

5,000

3,500

1,500

96,500

2

5,000

3,553

1,447

92,947

3

5,000

3,606

1,394

89,341

4

5,000

3,660

1,340

85,681

5

5,000

3,715

1,285

81,966

6

5,000

3,771

1,229

78,195

7

5,000

3,828

1,172

74,367

8

5,000

3,885

1,115

70,482

9

5,000

3,943

1,057

66,539

10

5,000

4,002

998

62,537

11

5,000

4,062

938

58,475

12

5,000

4,123

877

54,352

13

5,000

4,185

815

50,167

14

5,000

4,248

752

45,919

15

5,000

4,312

688

41,607

16

5,000

4,376

624

37,231

17

5,000

4,442

558

32,789

18

5,000

4,509

491

28,280

19

5,000

4,576

424

23,704

20

5,000

4,645

355

19,059

21

5,000

4,715

285

14,344

22

5,000

4,785

215

9,559

23

5,000

4,857

143

4,702

24

4,772

4,702

70

0

累計

119,772

100,000

19,772

0

 

返済額を自分でコントロールし、例えば毎月1万円を返済できるとなれば大きく返済回数と利息は軽減されます。

回数

返済金額

元金

利息

残高

1

10,000

8,500

1,500

91,500

2

10,000

8,628

1,372

82,872

3

10,000

8,757

1,243

74,115

4

10,000

8,889

1,111

65,226

5

10,000

9,022

978

56,204

6

10,000

9,157

843

47,047

7

10,000

9,295

705

37,752

8

10,000

9,434

566

28,318

9

10,000

9,576

424

18,742

10

10,000

9,719

281

9,023

11

9,158

9,023

135

0

累計

109,158

100,000

9,158

0

 

最低返済額はあくまでも「最低限返済しなければならない金額」です。どうしても返済が困難な月には最低返済額に甘えることがあっても、毎月の返済額は計画を立ててコントロールしていきましょう。

 

便利に使える!アコムの会員サービス

インターネット上にあるアコムの会員サービス。ここはいわゆるマイページとして使用ができますが、借り入れや返済のほか、さまざまなことが行える非常に便利なサービスが充実しています。

 

残高、期日の確認

現在の利用残高、次回返済期日、利用可能額の確認ができます。

振り込みキャッシング

最短1分で本人名義の金融機関口座への振込みによる借り入れができます。

振り込みキャッシング口座変更

振り込みキャッシングを受けるための金融機関の口座変更手続きができます。

明細書受け取りサービス

書面の受け取り方法を「アコムホームページで確認」を選ぶと利用明細書を会員メニューで確認ができます。

※自宅への郵送がなくなります。

eメールサービス

返済期日やカードの有効期限を事前にeメールで知らせます。

アドレス変更

登録しているアドレスの変更ができます。

書類の提出

収入証明書類を「アップロードでご提出」から提出ができます。

限度額変更申し込み

現在の限度額を増額したい場合、申し込みができます。

各種変更手続き

住所、勤務先、氏名の変更手続きができます。

 

会員サービスを活用することで完済まで来店することなくインターネット上で完結することも十分に可能です。出歩くことなく手の中でさまざまな手続きを行えることもアコムが便利な理由です。

 

消費者金融唯一の、クレジットカードがある

実は消費者金融の中で唯一クレジットカードを発行しているのがアコム。ACマスターカードです。消費者金融アコムのクレジットカードだからこそのメリットもあります。

 

マスターカードのクレジット機能がついている

世界中のMastercardの加盟店で利用ができます。

年会費無料

年会費は一切掛かりません。

最短即日発行

一部のむじんくんでACマスターカードの発行に対応しておりその場でカードの受け取りができます。

利用明細郵送なし

アコムホームページで利用明細を確認するため、自宅に郵送はありません。
※書面の受け取り方法を「アコムホームページで確認」を選択しておく必要があります。

カードローンつき

クレジットとカードローンの利用合計の上限は800万円までとなっています。

 

ボーナス一括払いはできずリボルビング払いになりますが、毎月の金額よりも大目に支払うことも自由です。返済はカードローンと同じように計画を立てていくことができます。

 

アコムの詳細と審査の申込はコチラ↓